東京・新宿のレーシッククリニック

品川近視クリニック
品川近視クリニック

東京都千代田区有楽町2-7-1
有楽町イトシアF15

★品川近視クリニックの特徴
レーシック後の平均視力は1.65という回復実績!
累積症例数68万以上のトップクラスの眼科
症例数1万件以上の経験豊かなドクターが多数在籍

レーシック 手術
プレミアム・イントラレーシック(従来のレーシックより安全性アップ) 11.8万円
レーシック 手術
トリプルR・プレミアムイントラレーシック(最高級のイントラL) 17.8万円 ←人気
レーシック 手術
品川プレミアムZレーシック(東京・大阪・福岡で実施) 22万円

(※目の状態によってレーシック手術を受けられない場合がありますので、最初に無料メール相談をするか、適応検査(無料)を受ける必要があります。)

【 評判・口コミ 】 【 無料検査の予約 】

 

新宿近視クリニック
新宿近視クリニック

東京都新宿区歌舞伎町2-46-3
西武新宿駅前ビル7F

★新宿近視クリニックの特徴
レーシック 手術 低料金にこだわり、常に適正価格でレーシックを提供!
レーシック 手術 業界ダントツ平均視力回復0.08⇒1.54!
レーシック 手術 顧客満足度が脅威の90.91%達成!オリコン全国2位!

レーシック 手術
SBKレーシック・ベーシックプラン(従来のスタンダード) 77,200円
レーシック 手術
iFSイントラレーシック(厚労省承認のイントラ使用) 192,200円 ←人気!
レーシック 手術
リレックススマイル(次世代の視力矯正術) 329,400円

(※目の状態によってレーシック手術を受けられない場合がありますので、最初に無料メール相談をするか、適応検査(無料)を受ける必要があります。)

【 評判・口コミ 】 【 公式ページ 】

 

神戸神奈川アイクリニック
神戸神奈川アイクリニック

新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー35F
渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエア7F

★神戸神奈川アイクリニックの特徴
99.6%の方が視力1.0以上を回復(イントラレーシック)
イントラレーシックが13.8万円~の低価格!
徹底した衛生管理で、現在まで感染症はゼロ!

レーシック
レーシック(以前のスタンダードだった術式)8万円
手術
IFSイントラレーシック(安全性アップ)23.5万円 ←人気
レーシック手術
アイレーシック(オーダーメイドプラン)35万円

(※目の状態によってレーシック手術を受けられない場合がありますので、最初に問合わせ無料メール相談をするか、適応検査(無料)を受ける必要があります。)

【 詳細ページを見る 】 【 無料の適応検査WEB予約 】

 

錦糸眼科
錦糸眼科

東京都港区東新橋2-7-8
メディカルサイト汐留ビル

★錦糸眼科の特徴
安心感No.1の国内レーシックのパイオニア眼科!
軽度近視ならWaveLightイントラレーシックで15万円。
矢作院長の施術を受けることも可能!(指名料必要)

レーシック 手術
マイクロレーシック(従来のスタンダード)6万円(9/17まで)
レーシック 手術
フェムトレーザー・レーシック(安心の最高品質) 18万円(9/17まで)←人気!
レーシック 手術
スープラコアモード(老眼と遠視がある方)18~28万円(9/17まで)
 

レーザー治療が受けられる条件

レーザー治療による視力回復手術は、その手術の事前検査で不適合と判断される場合もあり、この場合は手術は受けられません。この事前検査でレーザー治療が受けられないと判断されるケースで最も多いことは、角膜の厚みが十分になく受けられない場合です。

レーザー治療の行われる第一条件は、角膜に十分な厚みがあることです。

この他にも、ドライアイの症状がある方は、レーザー治療を受けることでその症状が改善するといわれますが、手術前に症状が酷い場合はレーザー手術が行えない場合があります。これは、ドライアイの症状の悪化が考えられるからです。

事前の検査でレーザーによるレーシック手術が受けられないケースには、角膜に異常がある場合や緑内障、白内障といった眼の病気のある方は行えません。この場合もこれらの症状が悪化する可能性があるからです。

また、眼の状態とっは関係なく妊娠中の妊婦や授乳中の女性、糖尿病を患っている方や重症のアトピー皮膚炎の方、年齢が20歳未満の方、または60歳以上の方も、レーザーによるレーシック治療は行えないと判断されますが、場合のよってはこのような方も受けられることもありますので、医師とよく相談をしましょう。

クリニックによってレーザー治療が適合であると、不適合であると分かれた場合は、それなりにリスクがあることを十分に理解しましょう。
このように身体の状態の他にも職業によって受けられないことがあります。眼に衝撃を受けやすい格闘家やパイロットや運転手はレーザー治療の後遺症を配慮して、受けられないことが多いようです。

いずれの場合においても、レーシック治療に適合しているか医師と十分に相談しましょう。